UNIVERSAL STUDIOS JAPAN® Englishパークサイト
企業情報
会社概要
企業ビジョン
組織図
沿革
CSRについて
CSRの取り組み
コンプライアンス
環境活動
ダイバーシティ
社会貢献
Home
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン® パークサイト
ダイバーシティ
株式会社ユー・エス・ジェイでは、職場における人材の多様性を受容し、様々な感性を活用することで、最適な人材配置を実現し、企業競争力の向上ならびに従業員一人一人の生きがい・働きがいの向上を目指すため、ダイバーシティを推進しています。

ダイバーシティは「イコール・パートナーシップ」という名称のもと、その時々の社会の変化や社内の状況をふまえ、取り組みを行っています。

今後も、より一層、ダイバーシティ推進により、多様な人材が能力を発揮できる環境をつくり、従業員一人一人の意識改革を促進すべく、様々な取り組みを進めていきます。
Equal Partnership
女性管理職登用
2005年から取り組んできた女性活躍推進のための活動を通じて、社内での育成・登用を進めるとともに、女性幹部候補の公募を実施するなど、外部人材の積極的な採用も進めてきました。
障がい者雇用
グランドオープンした2001年より障がいを持った方々の雇用に取り組んできました。
働くことで得られる様々な喜びや人とのつながりから、社会の一員として、自立した生活を目指して頂きたいと考えています。また、障がいを持つ方と共に働くことで、社員同士の思いやりやチームワークを一層育むことにつながっていくと考えます。
障がい者雇用比率
障がい者募集要項
ダイバーシティ推進を支える仕組み
■両立支援制度
社員の様々なライフステージに対応し、最大のパフォーマンスを発揮できるよう、両立支援制度を設けています。社員1人1人の役割意識が高く、主体性や創造性を尊重するユー・エス・ジェイでは、テーマパークという業態だからこそ、役割や責任はもちろん、働く時間帯も様々です。そこで、それぞれの仕事や働き方にあった複線型の支援制度を導入しています。その結果、2007年、2009年、2011年、2015年、そして2017年に「子育てサポート企業」として厚生労働大臣の認定を受け「くるみんマーク」を取得しています。

2016年度の育児休業取得率は、アルバイトクルーも含めて女性94.1%となっています。※2016年度中に出産したクルーのうち、2016年度中に育児休業を開始したクルーの割合。実際に育児休業を申請したクルーは全員取得しています。
くるみんマーク
■育児支援に関する制度の一例
育児休業
育児短時間勤務
サポートプログラム
- 情報提供(社内報郵送や社内SNS“Youpi”の活用)
- 在宅講習(通信講座補助)
- 復帰前、復帰後講習
2017.6.27
ページの先頭へ
プライバシーポリシー使用条件サイトマップお問い合わせ TM & © Universal Studios.  All rights reserved.