ユニバーサル・カウントダウン・パーティ 2018

  • ユニバーサル・カウントダウン・パーティ 2018 TOP
  • チケット情報
  • イベント・アトラクション
  • ショー・スケジュール
  • レストラン情報
  • ユニバーサル・カウントダウン・パーティ 2018 TOP
  • チケット情報
  • イベント・アトラクション
  • ショー・スケジュール
  • レストラン情報

今年のカウントダウンはミニオンと一緒に

ハチャメチャに盛り上がろう!

  • POINT 1.選べる2つのカウントダウン!ミニオンと一緒に、新年をお祝いしよう!

    壮大な光のショーが人気のラグーン
    ショーや、豪華アーティストのコラボ
    ライブで大盛り上がり!

  • POINT 2.26時間アトラクション乗り放題!

    今年誕生の「ミニオン・ハチャメチャ・
    ライド」にも何度でも乗れる!パークを
    体験し尽そう!

カウントダウン・モーメント

新年の幕開けは、2つのイベントで盛大に迎えよう!

さらに今年はミニオンが登場する特別なモーメントを開催!

イメージ

パークで人気のミニオンの街が誕生した記念に、今年のカウントダウン・モーメントはミニオンが大活躍!
パーティをハチャメチャに盛り上げ、最高の年越しを迎えよう!

※天候都合により、登場場所・時間を変更する場合があります

  • イメージ
  • 1.ニューイヤーズ・セレブレーション

    パークの夜空を彩る花火や
    壮大なショーに息を飲む。
    色とりどりの光と歓声に包まれる、
    圧倒的なスケールのカウントダウン。

    パーク初登場のMay J.が、カウントダウンの瞬間をさらに盛り上げる!

    プロフィールを確認する >

地図

26時間、アトラクション乗り放題!

今年誕生の「ミニオン・ハチャメチャ・ライド」や

最新鋭コースター「ザ・フライング・ダイナソー」などが

夜通し乗り放題!人気アトラクションが何度でも楽しめる!

ミニオン・ハチャメチャ・ライド

  • イメージ

グル―が発明したビークルに乗り込み、ミニオンになって、彼らの大騒動に究極巻き込まれるライドが新登場! かわいいハチャメチャのど真ん中へ飛び込もう!

ザ・フライング・ダイナソー

  • イメージ

世界最長*×世界最大*高低差の最新鋭コースター、出現。暴走する恐竜プテラノドンに背中を掴まれ、全身むき出しで空を飛ぶ! ジュラシック・パーク®の世界のなかを360度振り回される、日常が吹っ飛ぶ“ありえない”スリル体験が、ここに。

他にも一晩中楽しめるアトラクションがたくさん!

大みそかだからこそ全アトラクション制覇を目指そう!

  • イメージ

    ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー

  • イメージ

    ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド

  • イメージ

    アメージング・アドベンチャー・オブ・スパイダーマン・ザ・ライド 4K3D

  • イメージ

    スペース・ファンタジー・ザ・ライド with DREAMS COME TRUE

  • イメージ

    ジュラシック・パーク・ザ・ライド®

  • イメージ

    ターミネーター 2:3-D®

アトラクション一覧はこちら

みんなにシェア

  • Twitterでつぶやく
  • Facebookでシェアする
  • ユニバーサル・カウントダウン・パーティ 2018 TOP
  • チケット情報
  • イベント・アトラクション
  • ショー・スケジュール
  • レストラン情報
Pagetop

m-flo

  • 98年にインターナショナルスクールの同級生だった☆TakuとVERBALの2人で活動をスタート。
    後に、ヴォーカルとしてLISAが加入し、m-floとして本格的に始動。

    ☆Takuの卓越したクオリティのトラックにVERBALのフロー、そしてLISAの表現力豊かなヴォーカルが評判となり、インディーズでリリースした曲は驚異的なセールスを記録。

    99年7月に1stマキシシングル「the tripod e.p.」でメジャーデビュー、オリコン初登場でいきなり9位をマークした。
    その後も快進撃を続け、シングル12枚、オリジナルアルバム2枚をリリースし大ヒットをおさめた。

    2nd ALBUM「EXPO EXPO」に至っては80万枚のセールスを樹立し、日本の音楽シーンに強烈なインパクトを与えた。

    02年にLISAがソロ活動に専念するため、惜しまれながら脱退を決断。

    03年、 VERBALと☆Takuの2人となったm-floは、さまざまなアーティストとコラボしていくという"Loves"シリーズで日本の音楽史に“featuring"という概念を定着させた功績は大きく評価されている。

    05年には日本武道館でのワンマンライブを、07年には横浜アリーナ公演をかつてないほどのスケールで大成功させる。
    また"ROCK IN JAPAN FESTIVAL"や"SUMMER SONIC"などのステージにも登場するなど、アンダーグランドからオーバーグラウンドまで、縦横無尽な活動を展開。

    08年、41組とのコラボレーションを実現した"Loves"シリーズに終止符を打ち、新たな可能性を求め、プロデュースやリミックス、DJ、また自身のブランドや別ユニットなど個々の活動で活躍していた。

    そして2017年、12月。
    オリジナルメンバーのLISAが復帰し、LISA・VERBAL・☆Taku Takahashiによる最強のトライポッド「m-flo」が15年振りに 完全復活!!

    m-floが再び日本のメインストリームに新たな風を吹き込む!!

    【OFFICIAL HP】 http://m-flo.com/

DOBERMAN INFINITY

  • ラップグループ『DOBERMAN INC』として活動してきたKUBO-C (クボシー)、GS (ジーエス)、P-CHO (ピーチョウ)の3人に、野替愁平名義で劇団EXILEに所属しラッパーとしても活動していたSWAY (スウェイ)、シンガーのKAZUKI (カズキ)を加え、2014年6月よりDOBERMAN INFINITYとして活動を開始。
    2016年3月からは初となる全国Zeppツアー『DOBERMAN INFINITY LIVE TOUR 2016 “THE LINE” 〜TO THE NEXT〜 』を発表し、全会場チケットが即日完売。
    急遽幕張メッセ、インテックス大阪での追加公演を行い、44,000人を動員した。
    経歴も世代も異なる1シンガー、4ラッパーの異色のグループがもつ無限の可能性から目が離せない!

    【OFFICIAL HP】 http://dobermaninfinity-ldh.jp/

DAISHI DANCE

  • 札幌を拠点に活動するDJ/PRODUCER。

    TRIBAL、OLDSCHOOL、MELODICなHOUSEからマッシブなEDMまでその時代で最もアップリフティングなダンスミュージックを軸に、4台のCDJを駆使した様々なジャンルを横断する唯一無二のプレイスタイルと矢印↑↑↑のオリジナルアイテムを使ったパフォーマンスでダンスフロアに強烈なピークタイムと一体感を創り出す。

    幅広い選曲とエンターテインメント性溢れるプレイを武器にDJ GIGは年間200回以上にも及ぶ。

    アジア最大のクラブイベントageHaやWOMB、VISION、ATOM、CAMELOT、TKなど東京を代表する大箱でレギュラーパーティを開催。札幌・大阪・京都・広島・福岡・沖縄などの日本国内のBIG ROOM CLUBでレギュラーDJを務め、ULTRA、electrox、MUSIC CIRCUS、RISING SUN ROCK FESTIVAL、ROCK IN JAPAN FESTIVALなど大型FESTIVALに出演している。

    海外での活動も頻繁に行っており、ロサンゼルス、ハワイ、韓国、中国、台湾、タイ、フィリピン、モンゴルなどの各地で行われたFESTIVAL、CLUBに出演。韓国ではDJ MAG TOP100CLUBS No5に選出されたOCTAGONのレジデントDJを務めている。

    一方で、プロデューサーとしてはピアノやストリングスを軸としたメロディアスな楽曲プロデュースが特徴的で、2006年に「the P.I.A.N.O. set」で日本と韓国で同時デビューして以降ハイペースでたくさんのアルバムをリリースし、アルバム累計100万枚以上のセールスを記録している。

    なかでもスタジオジブリ作品の名曲をハウスカバーしたアルバム「the ジブリ set」シリーズは異例の大ヒット、驚異的なロングセールスとなりクラブシーンの枠組みを越えDAISHI DANCEの名を広く知らしめることとなった。独自の哀愁メロディと日本の伝統和楽器とのコラボレーションも大きな特徴。

    また、国内外様々なアーティストのリミックス、プロデュース、コラボレーションも精力的で、プロデュース面ではJ-POPアーティストのみならず、BIGBANGのHaru HaruやMY HEAVENをプロデュースするなど韓国アーティストへの楽曲提供も多数行っている。
    最先端テクノロジーと叙情的なアートで世界的人気となっているデジタルアート集団teamLabへの楽曲提供などDJの域を超えた活動は多岐にわたる。

    【OFFICIAL HP】 http://www.daishidance.jp/

武田真治

  • 俳優、タレント活動以外にもサックスプレーヤーとしての顔を持つ。CLUBシーンにおいては tech-Jazz-house unit BLACK JAXXとして活動中。

    札幌出身で同じ高校の先輩後輩という関係からDAISHI DANCEとのコラボ楽曲も多数制作。

    代表曲”SAX@ARENA”はワールドリリースされており海外DANCE MUSICチャートで総合TOP5を獲得している。

    【OFFICIAL HP】 http://www.horipro.co.jp/takedashinji/

TJO

  • ジャンルを縦横無尽にプレイするミスター・オープンフォーマットDJ。日本、イギリス、タイ人の血を引きパリに生まれる。
    東京を中心に日本各地でのクラブ・レジデントパーティーを抱える他、近年では世界中の多様な大型フェスに出演。

    また、ラジオ・パーソナリティーとしての人気も高く”block.fm”では彼のトークを随時楽しめる。冠番組としてはファッション・ブランド “EMPORIO ARMANI”とTJOのタイアップ番組が好評OA中である。

    音楽プロデュースでは、国内外を問わず多岐に渡るアーティストに楽曲を提供。
    楽曲制作の他、DJ MIX作品では、2016年に世界最高峰のダンス・レーベル "ULTRA MUSIC” から日本人初となるMIXCDリリースを実現したことがシーンに衝撃を与えた。

    タレント力が高いバイリンガルDJ。幅広い層からの人気を独占中である。

    【OFFICIAL HP】 http://www.tjodj.com/

CREAM

  • シンガーソングライターのMinami(ミナミ)と、ラッパー / トラックメイカーのStaxx T(スタックス・ティー)が結成したニューグループ、CREAM(クリーム)。メインストリームを主軸に、EDM、POP、HIP HOPまでを網羅し、他にはないサウンド"NEW J-POP"を作り出す、1ヴォーカル&1MCのマルチユニット。

    個々でも、TERIYAKI BOYZ®やVERBAL、AKLO、下拓、JAZEE MINORへのフィーチャリング参加、m-floや安室奈美恵、BoA、V6、Hey! Say ! JUMP、JASMINE、塩ノ谷早耶香といったアーティストへの詞曲提供など、クリエイターとしても精力的に活動している。

    自らYouTube上に立ち上げたチャンネル"CREAM VISION"では、オリジナル楽曲やライブ映像のほか、名曲のカバーやリミックスなど、幅広い選曲で動画をアップし続け、トータルビューは5,000万回を、チャンネル登録者も14万人を突破し、現在も記録を伸ばし続けている。

    2013年1月23日、テレビや衛星波で11のタイアップ、ラジオは全国で20にも及ぶパワープレイを獲得し、USEN HIT J-POPランキング1位となったリードシングル「Shooting Star」の先行リリースを経て、2013年2月27日にアルバム『DREAMIN'』でメジャーデビューiTunes総合チャートでも1位を獲得したほか、全国24都市29公演にも及ぶ『DREAMIN’』リリースツアーを敢行した。同年7月17日には、EDMを巧みに取り入れたサマーアンセム「Wonderland」を引っさげ、サマーソニック、TOKAI SUMMIT、Sunset Liveなど全国11会場での夏フェスに出演。2ndシングルとなるミドルバラード「Beautiful」のリリースを経て、年末にはプロジェクションマッピングされた大阪城でカウントダウンライブに出演するなど、年間100本を超えるライブをこなした。

    2014年4月30日には、待望のセカンドアルバム『#nofilter』をリリース。本作を引っさげた初のワンマンツアーは全会場ソールドアウト、同じくキャリア初となるアジアツアーも成功を納め、海外にも活動の幅を広げている。9月17日には、レンタル&配信限定で新曲となるセツナ系EDM「STAY」をリリースした。また、12月17日には不安を抱えながらも仲間との絆を信じて生き抜く〝今〟を歌ったワールドスタンダードEDMの「Eternally」を収録した冬の代表曲を集めた企画ミニアルバム『WINTER MIX 2014-2015』をレンタル限定盤と配信でリリース。

    2015年は、塩ノ谷早耶香「今も feat. CREAM」にコラボレーション参加をするなど、さらに活動の幅を広げた。同年11月4日にYouTube45万再生を突破した一目惚れR&B「54321」、12月9日にはDJ FUMI★YEAH!、DJ YU-KI、BABY-Tの3人からなるプロデュースユニット143によるRemix作品「CHANGE(143 Remix)」を配信でリリース。同年11月から翌年2月までCREAM “CHANGE” CLUB TOUR 2015-2016を全国16会場で開催。年末にはrockin'on presents COUNTDOWN JAPAN 15/16に出演した。

    そして2016年2月3日には、待望の3rdアルバム『CHANGE』をリリース。Giorgio13と共同プロデュースのミドルEDMでアルバムリード曲「CHANGE」、青山テルマ、JESSE (RIZE, The BONEZ)が客演参加するなど、豪華な作品となっている。3月から、全国7会場でのワンマンツアーが行われた。ファイナルの東京公演では、10人の豪華ゲストと、ダンサー、バンドセットで行われ、ツアーは大盛況のうち終了した。2016年6月29日にデジタルシングル「One Last Kiss」をリリース。11月には全国4会場のワンマンツアー「CREAMワンマン -2016A/W-」を開催。2017年1月1日にはベストアルバム「CREAM THE BEST」をリリース。そして、2017年4月26日には、待望の4thアルバム「BLACK」がリリースされた

    【OFFICIAL HP】 http://www.creamofficial.com

MITOMI TOKOTO

  • クラブ系ウェブサイト「CYBERJAPAN」と「CYBERJAPAN DANCERS」のプロデューサーもつとめる。David Guetta も認める日本人ハウス DJ /プロデューサー、リミクサー。

    DJとしては、2012年より、韓国、日本の ULTRA MUSIC FESTIVAL から出演。IBIZA の PACHA から、Zouk Singapore, タイ Bed Supperclub、パリの Club Queen まで世界各国の主要クラブでプレイ。
    日本人プロデューサーとして唯一、4曲をBeatport ランキングTOP 100 にランクインさせ、さらに2曲が、総合チャート・トップ 5にチャートイン。

    David Guetta から Swedish House Mafia を率いる Axwell までと幅広く世界のトップクラスのアーティストのリミックスも数多く手がける。
    日本国内においても、DAISHI DANCE、GACKT、倖田來未、Ms.OOJA、m-flo、Che'Nelle、ナオト・インティライミなどを手がけた。さらに 2NE1, BIGBANG らの K-POP リミックスも話題となった。

    2015年には、UNIVERSAL MUSIC JAPAN より、MITOMI TOKOTO がプロデュースする CYBERJAPAN DANCERS の初のメジャーリリース 「SEXY SIZE」発売。ヒット曲 "CALL ON ME" に乗せてセクシーにエクササイズする MV が、総合ランキング一位を記録。
    2016年には、MITOMI TOKOTO 新アルバムを UNIVERSAL よりリリース。CYBERJAPAN DANCERS からの派生ユニット TeamK 発足、また、第二作の「BIKINI SIZE」をプロデュースし、再び MV が総合ランキング一位を記録。

    【OFFICIAL HP】 http://www.cyberjapan.tv/

KSUKE

  • 世界のトップスター級DJのみが登壇を許される夢の舞台 ”ULTRA MUSIC FESTIVAL”への世界各国出演。
    ナイトクラブの聖地ラスベガスに君臨する世界最高峰のブース、XS NightClub、Light NightClub、HAKKASANの三峰に登壇しフロアを完膚無きまでロックした快挙と名誉。

    そんな、これまで日本人DJの誰もが成し得なかった記録的ニュースを日々叩き出し、オーディエンスの注目を一心に集めている国境無き日本人DJ、それがKSUKEである。
    かつてないニュースの連発で人々を魅了するエキサイティングなDJの出現に、その話題性は海を越え、近年は特にアジア圏での爆発的人気を獲得している。

    2016年。DJMAG JAPANによる初のDJランキング実施において、KSUKEは堂々の総合1位を獲得。この結果は、国内外の一般ユーザーから募った投票数はもとより、海外での活動、リリース実績など、多角的な要素を加味した総合点でもたらされている。まさにKSUKEがここ数年、世界を相手に活躍の場を広げ、その手で積み上げてきたDJとしての実績が認められた結果となったのだった。

    また、そのカリスマ性からKSUKEはファッショニスタとしても注目を集めている。2016年9月、ファッションの祭典「VOGUE FASHION'S NIGHT OUT 2016」では唯一の男性アイコンとして異例の選抜をうけ登壇。当日その模様はメディアでも注目を集めた。

    肝心の音楽プロデューサーとしては無論、着々と実績を更新している。
    2015年3月に Warner Music JapanのInternationalと専属契約。
    以来、自身のオリジナル作品としては、1st アルバム、EPをワールドワイド・リリース。リミックス楽曲としてはMajor Lazerの世界的ヒット曲「Lean On」を始め、国内ではMAN WITH A MISSION、平井堅、CROSS FAITH、清水翔太、チームしゃちほこなど、バンドからアイドルまでを幅広く手掛けている。それらの楽曲は常にことごとく高いレビューを獲得しているのだ。
    中でも近年特に注目を集めたオリジナル楽曲「BREATHE AGAIN」では、韓国の人気グループ f(x) のAmber をゲストVocalに迎え、Youtube再生回数が1ヶ月で100万Viewを突破。アジア圏での人気を更に太くする一撃となったのだった。

    日本人として、アジア人として。
    今最も胸を躍らせてくれるKSUKEの活躍から目が離せない。

    【OFFICIAL HP】 http://ksukejpn.com/

FUTURE BOYZ

  • iamSHUM(シュン・沖縄出身), WAYNE(ウェイン・アメリカ出身)の2人による新世代EDM/シンガーDJデュオ。 2017年4月、「SAKURA/Throw Down」をリリース。iamSHUMはクリエイターとして、RADIO FISH、Kis-My-Ft2等、多数のアーティストに楽曲提供。2017年2、3月「SWAG NIGHT」「WHAT YOU WAITING」 、8月、地元沖縄の至極の名曲をトロピカルハウスに大胆にアレンジしたアルバム「Okinawan Tropical House 2」をリリースし、夏に開催された「ハチャメチャ・サマーナイト・パーティ@UNIVERSAL STUDIOS JAPAN」に連日出演。 WAYNEは、FM沖縄、interFM、J-WAVEにてレギュラー番組をMCとして担当し、映画ナレーション、各種CMナレーション、そしてモデルとしてもWEBCM、各種ファッション誌にて活躍中。

    【OFFICIAL HP】 http://futureboyz.com/

CYBERJAPAN DANCERS

  • 都内主要クラブ、日本全国のクラブを始め、世界最大のダンスミュージックのフェスブランド Ultra Music Festival (UMF) や、シンガポール の Zouk、インドネシア、マレーシア、タイ、中国、台湾とアジア圏を中心にワールドワイドに活躍する、ポール ダンサー、ゴーゴ-ダンサー、モデルグループ。

    美しきボディを駆使してのダンスは、一瞬にして観る者を魅了するパワーを放つ。日本国内にとどまらず、世界 へとその活躍の場を広げる美しくパワフルなダンサー集団。TV TOKYO『TOKYO DRIFT GIRLS』、『美マッスル on the beach』などにレギュラー出演あり。クラブ以外でもTV東京オートサロンや、TOKYO RUNWAYへの出演、ファッションビル OPA、東京サマーランド、サントリー Sauza Cooler の CFや、宝島社より初の写真集も発売され、クラブシーンから更に活躍の場を広げている。

    【OFFICIAL HP】 http://www.cyberjapan.tv/

May J.

  • 日本、イラン、トルコ、ロシア、スペイン、イギリスのバックグラウンドを持ち多彩な言語を操るマルチリンガルアーティスト。

    圧倒的な歌唱力とパワフルかつ澄んだ歌声、そして前向きでポジティブなメッセージが共感を呼び、幅広い世代から支持を受けている。

    2006年7月12日ミニアルバム「ALL MY GIRLS」でメジャーデビュー。

    記録的な大ヒットで社会現象にもなった、2014年公開のディズニー映画「アナと雪の女王」の日本版主題歌を担当。 同年の第65回紅白歌合戦に初出場。
    2015年1月には自身初となる、日本武道館の単独公演を開催。

    2017年10月25日に3年振りとなる8枚目のオリジナルアルバムを発売。

    【OFFICIAL HP】 http://www.may-j.com/